So-net無料ブログ作成
検索選択

MP4からAVCHDファイルを作成 [パソコン]

先日、新しくソニーのCybershot W350Dというデジカメを購入しました。このカメラ、1280*720のMP4動画を撮影できます。せっかく、ハイビジョンムービーが撮影できるのでパソコンのモニタではなく、リビングの液晶テレビで見ようと思ったのですが、我が家のDIGA BWR-730はAVCHD形式の動画でないと再生できませんでした。
前置きが長くなりましたが、というわけで、MP4形式の動画ををAVCHD形式に変換します。

1. 事前に用意するモノ
以下のソフトウェアをインターネットからダウンロードして、PCにインストールします。全てフリーソフトウェアです。

■必要なソフトウェア
・AVIUTL
・tsMuxeR
・multiAVCHD (Ver.4系列よりもVer.3系列がオススメ)

■AVIUTLのプラグイン/アドオン
・x264出力(mp4/mkv) プラグイン
・拡張x264出力(GUI) プラグイン
・DirectShow File Reader プラグイン
・neroAacEnc.exe
・コマンド実行 for Aviutl プラグイン
・Aften A/52 オーディオエンコーダー
※AVIUTLには他にも便利なプラグインがあるので、必要に応じてインストールして下さい。

■コマンド実行 for Aviutl プラグインの準備
コマンド実行 for Aviutl プラグインをインストールしたら、cmdex.txtをテキストエディッタで開き、最下行に以下の行を追加して下さい。
!AC-3作成
c:\tool\media\aviutl\tools\aften "%~dpn4.wav" "%~dpn4.ac3"
c:\tool\media\aviutl\tools\mkvmerge -o "%~dpn4.mkv" "%~dpn4.264" "%~dpn4.ac3"

2. 動画の用意
今回は「abc.mp4」という動画を変換してみます。

3. MP4動画から音声データを抽出
AVIUTLを起動し、「abc.mp4」を開いた状態で、「ファイル」-「WAV出力」をクリックします。「再圧縮なし」にチェックが入っていないことを確認したら、ファイル名に「abc.wav」を設定し「保存」ボタンをクリックすると「abc.wav」が作成されます。

4. x264を使ってMP4動画をraw(.264)データとaacサウンドに変換(その1)
AVIUTLを起動し、「abc.mp4」を開きます。
「プラグイン出力」-「拡張x264出力(GUI)」をクリックします。
ビデオ圧縮ボタンをクリックし、ビデオ圧縮を以下のように設定をします。設定項目の細かい意味については、ここでは省略します。

■ビットレートタブ
 映像:
  ・「マルチパス - 1th Pass」
  ・「nul出力」にチェックを入れる。
 音声:
  ・NeroAACエンコーダ (neroAacEnc.exeはインストール先のファイルを指定)
  ・Q-Based AAC 300~kbps
  ・処理モード:パイプ

■詳細タブ:
 詳細設定:
  SAR(Sample Aspect Ratio):1:1
  スレッド数:4 (CPUのコア数に合わせる)

■コマンドタブ:
 --bitrate 13000 vbv_maxrate 18000 vbv_bfsize 16000 --level 4.1
 と設定する。

■拡張設定タブ:
 「インターレース対応」のみチェックを入れて、後は全てチェックを外す。

設定したらOKボタンをクリックして、保存先の設定画面に戻ります。
ファイルの種類で「RAW(*.264)」を選択し、ファイル名を「abc-1.264」として「バッチ登録」ボタンを押します。

5. x264を使ってMP4動画をraw(.264)データとaacサウンドに変換(その2)
4.の作業から続けて、再度、「プラグイン出力」-「拡張x264出力(GUI)」をクリックします。ビデオ圧縮ボタンをクリックし、4.の設定から、以下の部分のみを変更します。

■ビットレートタブ:
 映像:
  ・「マルチパス - Nth Pass」
  ・「nul出力」のチェックをはずす。

設定したらOKボタンをクリックして、保存先の設定画面に戻ります。
ファイルの種類で「RAW(*.264)」を選択し、ファイル名を「abc.264」として「バッチ登録」ボタンを押します。

2つのエンコードをバッチ登録したら、「ファイル」-「バッチ出力」を選択し、バッチ出力リスト画面から「開始」をクリックします。
これで、MP4動画がraw(.264)データとaacサウンドに変換され、「abc.264」「abc.aac」「abc-1.aac」の3つのファイルが作成されます。
この先、「abc-1.264」ファイルは使いませんが、4.の手順を飛ばすとAVIUTLがエラーを吐くので、おまじないと思って手順通りに作業して下さい。

6. Cmdexを使ってwaveをac3に変換し,ac3と264をマージしてmkvを作成
「abc.mp4」を開いた状態で、「プラグイン出力」-「コマンド実行」をクリックします。「ビデオ圧縮」をクリックし、テンプレートから「AC-3作成」を選択します。ウィンドウ下部に、1.で入力した文字列が表示されたのを確認し、「OK」をクリックします。
ファイル名を「abc.bat」と設定し、「保存」ボタンを押すと、「abc.mkv」が作成されます。

7. tsMuxeRにて、.mkvから映像、音声を分離して、.m2tsに多重化する
tsMuxeRを起動し、「abc.mkv」をドロップすると、Track欄に映像と音声情報が現れるので、中身を確認します。音声の言語設定はJpnに変更します。
Outputを「M2TX Muxing」に変更して、「Start muxing」をクリックすると「abc.m2ts」が作成されます。

8. MultiAVCHDを使ってm2tsファイルをオーサリング
MultiAVCHDを起動し、オーサリングしたいm2tsファイルを全てまとめてドロップします(「ビデオファイル追加」から開いても同じです)。ここでは、「abc.m2ts」のみをドロップします。出力先パスとして「D:\AVCHD」(環境に合わせて任意のフォルダ名を設定して下さい)を設定したら、「開始ボタン」を押します。デバイスタイプとして「パナソニックブルーレイプレーヤー」をクリックすると、オーサリングが開始されます。

9. AVCHDファイルをSDカードへコピー
SDカードのルートフォルダに「PRIVATE」フォルダを作成し、「PRIVATE」フォルダの中に、8.で作ったAVCHDファイルをコピーします。今回の場合、「D:\AVCHD」を「PRIVATE」フォルダにそっくりコピーします。コピー後、SDカードのフォルダ構成は「\\PRIVATE\AVCHD\BDMV\...」という構成になります。

10. SDカードからDIGAへ転送
DIGAにSDカードを挿入すると、AVCHD動画として認識されるので、DIGAのHDDにコピーします。これで、好きなときに動画を見られるようになります。

謝辞:
長文に最後までお付き合い頂きありがとうございます。
今回の記事はそよはっは様の「ビデオ編集学習メモ」を参考にしました。ありがとうございます。
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

関連リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。